残業代請求を成功させるために弁護士の先生を味方につけておこう

未払いの残業代をもらうための残業代請求の手続きは法律事務所で

時計の分針

定められた業務時間を超えて、働いた分に関しては、残業代として支払われることが法律で決まっています。ところが職場によってはそうした認識が薄く、残業したにも関わらず正当な報酬が支払われないというケースも多いようです。もしそうした状況が長期間続いているのであれば、残業代請求について法律事務所へ相談することをおすすめします。
法律事務所では残業代の未払いに関する相談を受け付けています。法律のプロであるためこうした案件には非常に強く、難しい手続きなどについても分かりやすく説明してくれるので心配することはありません。
残業代請求の相談先として法律事務所が多くの方に選ばれている理由は、請求をする上で最も重要な証拠の集め方についてアドバイスをしてくれるからです。残業代請求ではどれくらい残業していたのかを証明しなくてはなりません。しかし初めての人にとってはどのように証明すれば良いのか分からず、あきらめてしまう人も多いようです。
法律事務所ならばそうした難しい証拠集めについて、具体的なアドバイスをしてくれます。加えて弁護士が会社との交渉を進めてくれることもあるので、自分で対応するのが苦手という人でも安心です。まずは気軽に法律事務所に相談することをおすすめします。

残業代請求で悩んだら法律事務所へ相談してみよう

昨今は過度な残業の規制や残業そのものを減らす傾向が出ており、以前と比較すると働きやすい環境に変化しています。しかし残業代の減少により、収入が少なくなってしまい、嘆いている方もいらっしゃるかもしれません。その一方で、残業代そのものが適切に支給されていないような会社も存在しています。現在は残業代の支給に関する規定が設けられていますから、その規定に沿って残業代を請求することが可能です。
しかし会社の体質や環境によっては、残業代請求がしづらいこともあるはずです。しっかり対応してもらえなかったり、全く相手にされずに残業代請求で悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。そのような時は、ひとりで悩まずに法律事務所に相談してみるとよいでしょう。残業代請求を扱っている法律事務所は増えており、完全成功報酬制を採用しているところを選べば費用面でも利用しやすいはずです。
残業代についての規定が設けられていないような企業や、定時になるとタイムカードを打たされる企業など、残業代について悪質なケースも少なくありません。ぜひ専門家に相談して、残業代を請求してもらいましょう。また年棒制や固定制で残業代が支払われていない場合なども、まずは法律相談所に相談してみるとよいでしょう。

残業代請求可能な条件とおすすめの解決方法

正当な残業代が支払われていない場合でも、そのことを会社に申し出ることは大変勇気がいるものです。もしお勤めの会社において残業代の支給に疑問や不満がある場合は、まずは残業代請求について少し知識を得てみることが大切です。残業代が発生する条件は、1日の労働時間が8時間、あるいは週の労働が40時間を超える場合は原則として残業代が発生することになっています。また残業代請求は、2年以内という時効があります。
この条件に照らして残業代が支払われていない場合は、請求することでもらえる可能性があります。しかしこのような請求を自分で行うことは、とてもハードルが高いものです。たくさんの残業代未払いがあり、どうしても支払いを請求したい場合は、ぜひ法律事務所に相談してみましょう。残業代未払い請求も弁護士に相談できる案件で、自分は気を使うことなく問題を解決できます。
残業代請求に関する最初の相談は、無料で行ってくれる法律相談所もありますから、悩んでいる方は気軽に利用してみるとよいでしょう。この残業代請求を専門家に依頼した場合、残業に関わる証拠となる書類などが必要になります。相談時にはどんな書類提出が必要になるか確認し、その準備が可能かどうかチェックしてみてください。

残業代請求を行いたいなら【千代田中央法律事務所】に相談してみてください。プロの専門弁護士チームがあなたを手助けしてくれますので、非常に頼りになるはずです。まずは無料相談から始めてみましょう。

ピックアップコンテンツ

  • 残業代が未払いなら法律事務所に相談して残業代請求を行おう

    毎日残業続きで働いているのに肝心の残業代が支給されない場合、残業代がもらえないと泣き寝入りするのはとても心苦しいはずです。働いたのにその対価がもらえないのですから、働くモチベーションが著しく低下…

    MORE
  • 未払いの残業代が多くて困っている人は残業代請求を検討しよう

    多少の計算違いや勘違いなら見過ごせても、明らかに意図的に残業代が支給されない場合は何かしらの対策をとる必要があります。せっかく残業してまで働いてもお金にならないのでは、身を粉にしてまで働く意味が…

    MORE
  • 残業代請求に時効はあるのでしょうか?

    残業代請求は、いつまでさかのぼってできるものなのでしょうか。労働基準法を調べてみると、残業代も未払い賃金に含まれるものとされています。その請求の時効は、法改正によって2020年4月1日以降に支払…

    MORE
  • 優秀な先生のいる法律事務所なら残業代請求の相談に乗ってくれる

    残業代がちゃんと給料に入っていない場合や、残業代についておかしいと感じることがあったら、法律事務所に相談して残業代請求をすると良いでしょう。残業代請求を一人で行おうとすると、会社と戦うことになっ…

    MORE